レーシックは医療費控除できる?

医療費控除についてはご存知ですか?医療費控除とは、世帯全体で1年間にかかった医療費の合計が10万円(総所得金額が、200万円未満のときはその5%)を超えたときに、超えた分の医療費を課税所得金額から差し引くことができる制度です。
例えば、家族全員で1年で15万円の医療費がかかった場合、10万円を超えた分である5万円が差し引かれます。課税所得が5万円マイナスになるので、実際に得する金額は5万円分の所得にかかる税金です。収入によりますが、20%なら1万円ですね。けっこう大きいですよ♪
レーシックは、健康保険がきかないので、医療費控除が利用して 負担を少しでも軽くしたいですよね。医療費控除を受けるには、会社員の方は勤務先に申告書を提出、自営業者の方は確定申告をするのですが、レーシックは医療費控除の対象なのかが問題です!

スポンサードリンク

レーシックが医療費控除の適用になるかどうかは調べてみたけれどはっきりしませんでした。
国税庁のホームページではオルソケラトロジー(角膜矯正療法)による近視治療に係る費用の医療費控除については言及していて、OKとのことですが、レーシックについては書かれていません。ネットで調べるとレーシックも大丈夫だろうとの見解が多いようですが、必ずしも全て医療費と認めてもらえないケースもありらしく、事前に、税務署に問い合わせるべきですね。
職業上、メガネやコンタクトでは困ることがあったり、強度の近視・乱視で日常生活に支障がある場合に、レーシックの手術代を医療費として認められることが多いようです。
NAOは民間の医療保険から10万円出たので、その分は計上できず、レーシック代と他の医療費合わせても年間10万円超えませんでした。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

レーシックとスーパーイントラレーシック
レーシックという視力矯正治療のレーザー手術についてはレーシックを受けることのでき......
レーシックの進化  イントラレーシック→スーパーイントラレーシック
レーシックとスーパーイントラレーシックレーシックとスーパーイントラレーシックでは......
レーシックは保険が利くの?
レーシック(近視矯正手術)は残念ながら、国民健康保険(学生や自営業の方が入る健康......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

品川近視クリニック イントラレーシック 体験談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shinagawa-lasik.rtic.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。