レーシック手術で感染症?!

レーシックについてのニュースがありました(2009年2月26日)。
レーシック手術を行っている東京の眼科(銀座眼科)でレーシック手術で感染症の患者を67名も出したとのこと。ここの病院でレーシックを受けた人の1割にのぼるとのことでした。
なかには失明の可能性がある人もいるのだとか。
視力を回復させたい思いで勇気を出してレーシックを受けたというのに、そんな事態になってしまうなんて本当にお気の毒で胸が痛いです。
Naoがレーシック手術を受けた品川近視クリニック銀座院も、同じく銀座にあるので他人事とは思えない事件です。

スポンサードリンク

レーシックで感染症の患者を出した銀座眼科のニュースを見ると、レーシック手術経験者としては信じられないことばかりです。
器具を消毒する器械の点検も3年間やっておらす、溝口院長は、手袋を着用せずに手術したことがあるほか、手洗い用の消毒液についても「薄めて使っていた」などと説明。手術室の清掃は溝口院長が不定期に行っていた、だそうです。
テレビ画面でみた院内の様子も、ここで目の手術をするの??と衛生面を疑いたくなるような感じでした。
ニュースの全ての真偽は分かりませんが、見聞きした限りでは、私の経験したレーシック手術の過程とは大違いでした。院内の様子も、検査の様子もまるで違います。
レーシックについての副作用や将来への影響といった不安はあると思っていますが、こんなのは論外です。全ての病院が信用できる質と技術で手術をして欲しいと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

レーシックを受ける病院の選択
レーシック手術で感染症のニュースを見て、あらためて病院の選択は重要だなと思いまし......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

品川近視クリニック イントラレーシック 体験談:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shinagawa-lasik.rtic.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。